お茶をド~ゾ
日常生活から音楽、TV、アニメ等のオタク要素満載の内容とかイベントのことまでetc.

プロフィール

へいほ~

  • Author:へいほ~
  • 音楽とマンガ&アニメ好き



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頭文字Dの映画を見たんですけど・・・

実は映画館で見たのではなくて、家で見たんですけど
これって映画館で見ても中国語なんでしょうか??
私が見たのは中国語に日本語のテロップが入ったものでした

それで、この映画を見た感想ですが・・・・・・・・・・・

はっきり言って、この映画版は幻滅してしまいました・・・
完全に香港映画ですよね
一応、撮影した場所やキャラの名前は日本なんですけど、拓海と文太の親子関係とか、出演者の服装のセンスとか完全に中国の設定ですよね
日本ではこの映画での樹とか文太とかの服装センスはあり得ない

2Dから3Dにそのまま忠実に再現するのは難しいと言うことは分かります
また、映画化するに当たって多少の設定の変更があるのも理解できます
しかし、それを念頭に置いてみてもあまりにも日本国内の事を映画化しているとは思えないような演出でした

脚本や監督の人ももっと原作を理解して、日本の風土や風習を理解して作って欲しかったと思います


原作者のしげの秀一さんはよくこの映画の公開を許可したなぁと思います


頭文字Dは好きな作品なので映画館に見に行こうと思っていたんだけど、行かなくて正解だったです
好きな作品だっただけに、この映画を見て原作を冒涜しているのではない過渡すら思える作りだったです

なんだか、見たあとに虚しさだけが残ってしまった・・・です




これは私個人の主観で書いてありますので、映画自体を否定しているわけではないので、そこはご理解下さい


スポンサーサイト

テーマ:イニシャルD - ジャンル:映画


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ochadozo.blog18.fc2.com/tb.php/39-12e92476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。